共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

SKE48 LIVE in LAGUNA

【開催】2018年10月14日(日)
【会場】ラグーナテンボス・ラグナシア ジョイアマーレの浜辺特設ステージ [愛知県・蒲郡市]
【時間】ラグナシアオープン/10:00  開場/16:30 開演/17:30

2018年のライブ一発目は、ここラグーナテンボスでした。(その時のレポートはこちら
そして、11年目初のライブもここラグーナテンボスでスタートです。

10月14日、SKE48がキャンペーンキャラクターを務めるラグーナテンボスで、「SKE48 LIVE IN LAGUNA」が開催されました.
今年1月の  以来9ヶ月ぶりにの開催、2018年2回目の開催です。しかも11年目を迎えて初の全員参加の大型コンサート、ということでメンバーもそしておそらくファンの皆さんも気合十分で臨みました。

会場がテーマパークということで、コンサート前には握手会にちなんだのか「メンバーと一緒に360度3Dシアターを見られる」「一緒にジェットコースターに乗れる」というアトラクションも用意されました。フードが充実しているとメンバーも太鼓判を押すラグーナテンボスですが、今回は古畑奈和と岡田美紅がメニューを考案、30分ほどではありますが販売のお手伝いもしました。

「Overture」の後、全メンバーがステージに登場し、最初から全開でスタートします。
3曲を披露した後、前回のラグーナテンボス同様の【ユニット祭り】が始まります。
オープニングの『Glory Days』は井上瑠夏、北川愛乃、岡田美紅という8期生による披露。野村実代が『雨のピアニスト』のセンターを務めるなど8期生が大きくフィーチャーされました。熊崎晴香と日高優月の『狼とプライド』、菅原茉椰&谷真理佳&野島樺乃という美脚メンバーによる『嘘つきなダチョウ』など5.5〜D2も活躍。もちろんベテラン勢にも見せ場はたくさんありました。惣田紗莉渚、山内鈴蘭、都築里佳の『ウィンブルドンに連れて行って』、大場美奈の『枯葉のステーション』初挑戦、松村香織センターの『フィンランド・ミラクル』、高柳明音は『クロス』を斉藤真木子に渡し、『思い出以上』に、そして何より熱くさせたのが松井珠理奈&須田亜香里による『眼差しサヨナラ』。選抜総選挙1位と2位のデュエットという豪華な顔合わせとなりました。
【ユニット祭り】は、「手をつなぎながら」「制服の芽」「ラムネの飲み方」のユニット曲をそのままの順番で披露しています。フレッシュな顔ぶれによるパフォーマンスはそれぞれの曲に新たな生命を吹き込んでくれました。

【ユニット祭り】終了後はチーム曲が披露、ラグーナテンボスでも「キャパキャパキャパキャパキャパシティ」が響き渡りました。続いてリクエストアワーの3位から1位までの曲が順番に披露。ユニット祭りがこれまでのSKE48を振り返る内容だとしたら、今の公演曲そして最新のリクエストアワーの結果を反映したこのコーナーは今のSKE48を象徴したものと言えるでしょう。
そしてSKE48の代表曲が16人の曲ごとの選抜スタイルで披露され、最後の曲『水のないプール』へ。
ラグーナテンボスのライブ会場は夏季はプールとして営業されている場所です。水のないプールで歌う『水のないプール』。今日のライブに最もふさわしい曲の一つといえるでしょう。

アンコールはSKE48が初めてもらった劇場公演から2曲を披露。11年目を最初の気持ちで望むという気持ちの現われとも言えるでしょう。
最後の曲紹介は松井珠理奈が担当しました。
「前回のラグーナテンボスでこの曲を歌った時は泣いてしまったんですが、今日はみんなのおかげで泣かずに歌えそうです。それでは聞いてください。『僕は知っている』」
メンバー一人ひとりへのエールとも取れるこの曲でライブは終了。
最後にマイク無しで会場の皆さんに「ありがとう」の気持ちを叫んで終了、のはずが、「ステージ上から見えるサイリウムの入が綺麗すぎる」「記憶に残すだけじゃなくて記録に残したい」とステージ上から客席をバックに記念撮影をすることが決定。
11年目初のライブはこうして記憶にも記録にも残るものとなりました。

M0.overture
M1.無意識の色
M2.前のめり
M3.未来とは?
MC
M4.Glory Days
M5.この胸のバーコード
M6.ウィンブルドンへ連れて行って
M7.雨のピアニスト
M8.チョコの行方
M9.思い出以上
M10.狼とプライド
M11女の子の第六感
M12枯葉のステーション
M13.万華鏡
M14,クロス
M15.フィンランド・ミラクル
M16.眼差しサヨナラ
M17.嘘つきなダチョウ
M18.Nice to meet you!
MC
M19.放課後レース
M20.回遊魚のキャパシティ
M21.恋のお縄
M22.赤いピンヒールとプロフェッサー
M23.夢の階段を上れ!
M24.ここで一発
M25.世界が泣いているなら
M26.1!2!3!4!ヨロシク!
M27.アイシテラブル!
M28.パレオはエメラルド
MC
M29.水のないプール
■アンコール
EN1.手をつなぎながら
EN2.チャイムはLOVE SONG
MC
EN3.僕は知っている
エンディング
バックステージオフショット
おまけ
レポートはこちら