共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

チームE「SKEフェスティバル」野々垣美希劇場最終公演

日時:2019年11月29日(金)
会場:SKE48劇場

10月4日、SKE48劇場11周年特別イベント、「須田会前夜祭特別トークショー ~好きすぎて辛い秋~」にて、嬉々として須田亜香里への愛を語っていた野々垣美希。
そのわずか4日後の10月8日の突然の卒業発表に誰もが驚きを禁じ得なかったと思います。
須田亜香里への手紙を朗読した時に流した涙が、今となっては非常に意味のあるものとなりました。

野々垣美希は2016年秋、SKE48に8期生として加入しました。お披露目は、愛知芸術劇場。「みんなが主役! SKE48 59人のソロコンサート~未来のセンターは誰だ?」11月19日昼公演でした。
メンバーひとりひとりの個性が花開いたソロコンサートのアンコールで、SKE48の未来を担う8期生によるキラキラとしたパフォーマンス。7期生オーディションから約2年、ようやく憧れんのSKE48のステージに立つことができたのです。

翌年1月11日、研究生公演『PARTYが始まるよ』で劇場公演デビュー。ユニットは『スカート、ひらり』でした。
8期生の中では年長組、1年前に卒業した歯科医を目指す同期とのユニット「我ら」による料理配信は、あまりのポンコツぶりに話題を集めました。
その「我ら」は、2017年4月にスタートした研究生公演『青春ガールズ』で、ユニット曲『禁じられた2人』を担当。料理配信とのギャップでファンを驚かせました。

SKE48メンバーは様々なネットツールを使用してファンの皆さんとの絆を深めています。
野々垣美希が力を入れていたのはSHOWROOM。毎日アイドルをやり続け、ファンの皆さんの応援を得て2年連続でAKB48SHOWROOM選抜に選出。
研究生時代に選抜入りした『プライベートサマー』では、初のミュージックビデオ撮影を経験しました。
2019年11月19日、毎日アイドル1000日を達成。奇しくも8期生お披露目からちょうど3年後でした。

2018年4月28日、「SKE48単独コンサート 10周年突入 春のファン祭り!~友達100人できるかな?~」にて、チームEに昇格。大好きな須田亜香里のいるチームだけに喜びも何百倍だったと思います。

チームEの仲間となった浅井裕華との新幹線内での会話がきっかけでスタートした須田会の結成は、野々垣美希にとって非常に大きなものとなりました。その集大成が冒頭にも記した「須田会前夜祭特別トークショー ~好きすぎて辛い秋~」でした。
発表から約2ヶ月、とうとう劇場最終公演の日がやてきました。

同期とのお別れは11月26日『青春ガールズ』公演で済ませたうえで望んだ劇場最終公演には、憧れの須田亜香里も出演。
卒業ブロックでは須田亜香里から「この曲を歌って欲しい」という、劇場最終公演史上異例のリクエストまでもらいました。
まさにヲタ冥利に尽きるというものです。

「普通の人に戻る」と言っていた野々垣美希。
アイドル人生は終了しましたが、これからは改めてヲタ人生がスタートします。

ダイジェスト映像はこちら(約2分、完全版は6分)












【出演メンバー】
teamS
坂本真凛
都築里佳

teamKII
大芝りんか
片岡成美

teamE
相川暖花
浅井裕華
井田玲音名
鎌田菜月
熊崎晴香
倉島杏実
斉藤真木子
佐藤佳穂
末永桜花
菅原茉椰
須田亜香里
髙畑結希
谷真理佳
深井ねがい
福士奈央

研究生
入内嶋涼

■コメントムービー
■卒業ブロック
M1.快速と動体視力
M2.Nice to meet you!
M3.今の私じゃダメなんだ
M4.遠くにいても
■卒業セレモニー
●卒業証書授与
●佐藤佳穂からの手紙
●野々垣美希スピーチ
ラストソング.未来が目にしみる
●最後のコメント
■最後のお見送り
■メモリアルフォト
■ファンの皆さんからの贈り物と
レポートはこちら