共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り「コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE」チームS

日時:2019年8月18日(日)18時00分スタート
会場:SUMMER STATION LIVEアリーナ(六本木ヒルズアリーナ)

SKE48全チームが出演したテレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り「コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE」。
最後のステージはチームS。
7月13日から36日間続いたこのイベントの大トリでもあります。

昨年は松井珠理奈抜きでこのステージ挑んだチームS。その時、北川綾巴がSメンバーに力強く宣言した「任せろ!」というセリフ通りに支えてきたチームSに松井珠理奈が戻ってきました。
「おかえり、おじゅり」
そんな意味も込めて1曲めは松井珠理奈のデビュー曲でもある『大声ダイヤモンド』からスタート。

帰ってきたメンバーも入れば、ここを去るメンバーもいます。リーダーとして珠理奈不在のチームSを守ってきた北川綾巴がこの9月で卒業。2曲めは綾巴がセンターを務めた『12月のカンガルー』が続きます。

昨年のサマステではチームの団結力を示したチームSの今年のテーマは「メンバーひとりひとりが目立つステージ」。
中盤はメンバーそれぞれの個性に合わせたユニット曲が披露されましたが、中でも松井珠理奈と野島樺乃のデュエットによる『金の愛、銀の愛』が異彩を放っていました。
MCでもメンバーの個性をフィーチャー。北川愛乃がその画力を発揮、会場を震え上がらせてます。

SKE48が“ミュージックステーション”に初出演したときの曲『片想いFinally』、最新シングル『FRUSTRATION』最後は『放課後レース』でライブの幕は閉じました。しかし、会場からは綾巴コールが鳴り止みません。
卒業を控えた北川綾巴が再びステージに登場して、皆さんに挨拶。
ステージ、会場が一体となった「綾巴、大好き!」というコールが、六本木の街に響き渡りました

M1. 大声ダイヤモンド
M2.12月のカンガルー
M3.パレオはエメラルド
MC
M4.Glory days
M5.ディスコ保健室
M6.Parting shot
M7.フィンランド・ミラクル
M8.金の愛、銀の愛
M9.チームS推し
MC / 特技披露
M10.片想いFinally
M11.FRUSTRATION
M12.放課後レース
北川綾巴の挨拶
レポートはこちら