共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

LAGUNA MUSIC FES.2018 新春スペシャル

2018年1月5日(金) 開場/14:00 開演/15:00
会場:ラグーナテンボス ラグナシア(ジョイアマーレの浜辺特設ステージ)

SKE48、2018年最初のライブがラグーナテンボスで行われました。高柳明音、山内鈴蘭そして研究生を除く全メンバーが、10周年イヤーの門出に勢いをつけました。

ライブは松井珠理奈の「あけましておめでとう!」の挨拶からスタート、全員で『 1!2!3!4! ヨロシク! 』『バンザイVenus』とシングル曲『手をつなぎながら』を披露した後、MCへ。
ちなみにこの日は谷真理佳の誕生日。ということでステージ上でクラッカーでお祝いです(ユニット1曲めのメンバーが登場してしまい谷がそのサプライズに気付いてしまうというハプニングもありましたが)。

ここからはユニットコーナー。
ユニットの一番手は斉藤真木子&犬塚あさなの年女コンビによる『ここで一発』。(山内鈴蘭が参加できていれば『恋よりもDream』になっていたかも?)
ここから先も、ラブ・クレッシェンド、ネクストポジションそしてSTRAWBERRY PUNCH以外は、初めて見る組合せの釣瓶撃ち。メンバーが登場するたびに大歓声が上がっていました。
今日は全メンバーがユニットそしてMCに参加、「SKE48は全員でSKE48」を証明する構成でした。

1月10日発売の『無意識の色』ももちろん披露(舞台出演のため欠席の高柳明音のアンダーは斉藤真木子でした)。大1期生が珠理奈一人になってから初披露となる『僕は知っている』では、最初のパートを珠理奈のみが担当。1期生が一人だけになったことを実感したのか、珠理奈の目から涙がこぼれ落ちます。

2期3期の4人に「一人じゃない、私たちがいる」と声をかけられ珠理奈に笑顔が戻ったところで、ラグーナテンボスのイルミネーションの点灯式。メンバーと会場の皆さんの掛け声で、場内のLEDが一斉に点灯します。
そして最後の曲『仲間の歌』へ。

『仲間の歌』が終わると会場全体から期せずして「さーなん」コールが。今月末でSKE48を卒業する髙寺沙菜はSKE48メンバーとのライブは今日が最後になるのです。「泣くつもりはなかったのに」と言いながらも、ファンの皆さんに感謝の気持ちを語りかけました。

楽屋に戻ってしばらくすると何やら熊崎晴香と鎌田菜月が何やらゴソゴソと…。谷真理佳にサプライズを仕掛けようとケーキにろうそくを立てているのでした。
サプライズを仕掛けられた谷は「こないのかなぁって寂しかったので、みんなとひとりひとり2ショットを撮ってた。すごくうれしい!SKE最高」と喜びを爆発させていました。

このライブが発表になったのは11月のユニット対抗戦。冬のラグーナテンボスで野外ライブ?と不安を感じた方も多かったと思います(おそらくメンバーも)が、蓋を開けてみれば寒さもまたライブを彩る要素の一つ。
セットリストのレア度も相まって、SKE48・伝説のライブの一つになったことは間違いありません。

【出演メンバー】
teamS
一色嶺奈
犬塚あさな
井上瑠夏
上村亜柚香
北川愛乃
北川綾巴
杉山愛佳
都築里佳
野島樺乃
野村実代
町音葉
松井珠理奈
松本慈子
山田樹奈

teamKII
青木詩織
荒井優希
内山命
江籠裕奈
太田彩夏
大場美奈
小畑優奈
片岡成美
北野瑠華
白井琴望
惣田紗莉渚
高木由麻奈
竹内彩姫
日高優月
古畑奈和
松村香織
水野愛理
矢作有紀奈

teamE
相川暖花
浅井裕華
井田玲音名
鎌田菜月
熊崎晴香
後藤楽々
斉藤真木子
佐藤佳穂
末永桜花
菅原茉椰
須田亜香里
髙畑結希
谷真理佳
福士奈央

円陣〜オフショット
オフショット
M-0 overture
M-1 1!2!3!4!ヨロシク!
M-2 バンザイVenus
M-3 手をつなぎながら
MC
M-4 ここで一発
M-5 コップの中の木漏れ日
M-6 窓際LOVER
M-7 完璧ぐ~の音
M-8 ウィンブルドンへ連れて行って
M-9 狼とプライド
M-10 フィンランド・ミラクル
MC
M-11 寡黙な月
M-12 向日葵
M-13 眼差しサヨナラ
M-14 この胸のバーコード
MC
M-15 思い出以上
M-16 雨のピアニスト
M-17 クロス
M-18 反射的スルー
MC
M-19 マツムラブ!
M-20 誰にも言わないで
M-21 今の私じゃダメなんだ
M-22 花占い
M-23 意外にマンゴー
M-24 12月のカンガルー
M-25 前のめり
M-26 コケティッシュ渋滞中
M-27 賛成カワイイ!
MC
M-28 無意識の色
M-29 僕は知っている
イルミネーション点灯セレモニー
M-30 仲間の歌
エンディング
高寺沙菜の挨拶
ライブアザーショット
オフショット
レポートはこちら