共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

10周年記念リバイバル「ラムネの飲み方」公演

日時:2018年10月3日
場所:SKE48劇場

SKE48劇場デビュー10週年を記念して開催されたSKE48オリジナル公演のリバイバルも本日の「ラムネの飲み方」公演で最後となります。
初演は7年前の2011年10月1日。チームKIIの3rd Stageでした。この公演がスタートするまでの紆余曲折はAKB48グループの中の重要な出来事として、多くのファンや関係者の脳裏に刻み込まれています。
2010年9月22日に千秋楽を迎えたチームKII 2nd Stageにて、次の公園はオリジナル公演になると発表されたものの3度の延期を経てもスタートしないという状況を迎えています。
2011年のAKB48シングル選抜総選挙にて、チームチーダーの高柳明音が「公演をやらせてください」と直訴。ようやく10月1日に初日を迎えました。
こういった経緯があるためか、この公演はいまだチームKIIしか上演されておりません。
今回のリバイバル公演でもチームKIIメンバー中心の構成でした。初出場は8期生の白雪希明と野々垣美希のみ。他チームからは先の2人のほか、斉藤真木子及び末永桜花、杉山愛佳のアンダー経験組が参加しました。

5tt Stageの千秋楽は2016年5月24日、2年3ヶ月ぶりの復活、久しぶりの花道もお目見えしました。
ほぼこの公演経験者ということで安定したステージでしたが、シャッフルという形をとっているため

「孤独なバレリーナ」は荒井優希が担当。初めてではないものの長身を活かしたダイナミックなプリマドンナを見せてくれました。卒業した「小悪魔」な先輩のキャッチフレーズを踏襲した白井琴望はその先輩のユニットを担当。先輩のポジションは末永桜花に譲りましたが、可愛い中に同世代同士のバチバチな火花が散る感じの激しい「嘘つきなダチョウ」となりました。ユニットでの最大の注目は「nice to meet you」。2期から4期のベテランに混じって8期生・白雪希明が登場。髪色が目を引くことが多い白雪ですが、パフォーマンスの堅実さをしっかりと見せつけました。
高柳明音、内山命、斉藤真木子と2期生が勢揃い、いずれも「ラムネの飲み方」は経験済みですが、高柳明音と斉藤真木子がこの公演で共演するのは初めてとのことです。
KIIで2回行われているこの公演ですが、「ボーリング願望」の最後、メンバーがボーリングのピンとなって倒れる部分では、3rd Stageに出演したことのあるメンバーは倒れない、という演出も行われました。
松村香織いわく「ラスボス」のWアンコールの「SKE48メドレー」で公演は終了、3回に渡るリバイバル公演は終了しました。

いずれも2年ぶりでメンバーも大きく変わった中で行われたリバイバル公演は、かつてのSKE48を通して“今のSKE48”を浮き彫りにしてくれました。10年を迎えたSKE48をただ振り返るのではなく、11年目に向かって旅立つ“今のSKE48”がまず最初に固めて置かなければならない礎となる公演だったように思います。


只今DMM LIVE ON DEMANDでこの公演をアーカイブ配信中。やはり公演はまず映像でしょう!
DMM LIVEON DEMANDでの視聴はこちら

【出演メンバー】
teamS
杉山愛佳

teamKII
荒井優希
内山命
江籠裕奈
大場美奈
片岡成美
北野瑠華
白井琴望
高木由麻奈
高柳明音
日高優月
松村香織

teamE
斉藤真木子
白雪希明
末永桜花
野々垣美希

M-01 兆し
M-02 校庭の仔犬
M-04 お待たせSet list
M-05 クロス
M-06 フィンランド・ミラクル
M-08 嘘つきなダチョウ
M-09 Nice to meet you!
M-10 孤独なバレリーナ
M-11 今 君といられること
M-12 ウィニングボール
EN-01 ボウリング願望
EN-02 16色の夢クレヨン
EN-04 ラムネの飲み方
WEN-01 シングルメドレー(チョコの奴隷~オキドキ~美しい稲妻~片想いFinally~アイシテラブル!〜キスだって左利き~賛成カワイイ!)
レポートはこちら