共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

10周年記念リバイバル「手をつなぎながら」公演

日時:2018年10月2日
場所:SKE48劇場

SKE48劇場デビュー10週年を記念して開催されているSKE48オリジナル公演のリバイバル。
第2弾は「手をつなぎながら」公演です。チームS 2nd Stageというより、SKE48の初めてのオリジナル公演です。。2009年2月14日が初演でした。その後、チームKII が2009年12月6日から2nd Stageとして上演、チームEが2014年5月2日から引き継ぎ、2016年9月1日に千秋楽を迎えました。SKE48の全チームが上演したオリジナル公演はこの公演のみです。
SKE48劇場に「手をつなぎながら」公演が帰ってくるのは実に2年ぶりとなります。

2年前までこの公演を行っていたチームEのメンバーに加え、今回もこの公演を知らない8期生も多数登場。「ウィンブルドンへ連れて行って」ではつらつな姿を見せた井上瑠夏&石黒友月、「Glory Days」の常連2人に挑んだ仲村和泉、尊敬する先輩のユニット曲に参加できた深井ねがい、そして大芝りんかなど新世代の台頭をひしひしと感じます。
リバイバル公演の楽しみの一つは、こういったこれまでの公演との比較。
通常の公演では研究生がバックダンサーを務める「Glory Days」ですが、今回は公演出演メンバーが担当。青木詩織、熊崎晴香、井田玲音名の6期生に加え、研究生時代バックダンサーのレギュラーだった浅井裕華、松井玲奈劇場最終公演でバックダンサーとして初めてE公演のステージに立ち、「玲奈さんと一緒のステージ立ててよかった」と号泣した菅原茉椰もフロントの3人を盛り上げました。

今日の公演のメンバーで目を引いたのが江籠裕奈。「手をつなぎながら」公演には出たことがなかったと思っていたのですが、TDCの「見たことがない君たちへ」で1回だけ出演済みだったことが本人の口から語られました。
江籠裕奈がメインの一人を担当する「INNOCENCE」は時の流れを象徴する1曲と言えるでしょう。


只今DMM LIVE ON DEMANDでこの公演をアーカイブ配信中。やはり公演はまず映像でしょう!
DMM LIVEON DEMANDでの視聴はこちら

【出演メンバー】
teamS
石黒友月
井上瑠夏
仲村和泉

teamKII
青木詩織
江籠裕奈
大芝りんか

teamE
浅井裕華
井田玲音名
鎌田菜月
熊崎晴香
斉藤真木子
菅原茉椰
髙畑結希
谷真理佳
深井ねがい
福士奈央

円陣
M-1 僕らの風
M-2 マンゴーNo.2
M-3 手をつなぎながら
M-4 チャイムはLOVE SONG
M-7 ウィンブルドンへ連れて行って
M-8 雨のピアニスト
M-9 チョコの行方
M-10 Innocence
M-11 ロマンスロケット
M-12 恋の傾向と対策
M-13 大好き
EN-2 火曜日の夜、水曜日の朝
EN-3 遠くにいても
レポートはこちら