共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

「仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~」 /「あんみつ姫プロデュース レヴュー48」レポート

日時:2019年11月15日(金)18:00
会場:博多座

博多座開場20周年記念 AKB48グループ特別公演 第一部:「仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~」 第二部:「あんみつ姫プロデュース レヴュー48」の後半キャストによるゲネプロが11月15日18時より博多座で行われました。

前半には、須田亜香里、谷真理佳が出演。14日まで10公演を走り抜けました。
後半は16日の昼公演を皮切りに全12公演が行われ、SKE48からは斉藤真木子、高柳明音、古畑奈和が出演します。

で、「仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~」です。
ある年齢以上の映画ファンは必ず通ったであろう日本映画の傑作をAKB48が舞台化すると聞いたときは耳を疑ったものです。
ヤクザとアイドル、対極の存在がぶつかりあった時、果たしてどんな「仁義なき戦い」になるのか、期待を胸に博多座の入り口をくぐりました。

18時を少し過ぎたあたりで開幕。
津島利章さんが手掛けたあのテーマソングが鳴り出すと、やはり血沸き肉踊ります。
出演するメンバーから「セットや映像がすごい」と事前に聞いていたのですが、その映像もオープニングからニヤニヤが止まりません。

【出演メンバー】
teamKII
高柳明音
古畑奈和

teamE
斉藤真木子

「仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~」
「あんみつ姫プロデュース レヴュー48」
「仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~」フォトストーリー
レポートはこちら