共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

ローソンナイター!(中日ドラゴンズ VS 読売ジャイアンツ)ミニライブ&始球式

ナゴヤドームで『金の愛、銀の愛』披露! 2016年8月17日、ナゴヤドームで開催されたローソンナイター!(中日ドラゴンズVS読売ジャイアンツ)の試合前に、SKE48がミニライブを行いました。

試合開始の約15分前、グラウンドに颯爽と登場したのは、20thシングル『金の愛、銀の愛』選抜メンバー18名。翌17日発売の同曲を披露しました。

「夏にぴったりの曲を聞いてください」(松井珠理奈)と紹介され、間髪入れずに披露された2曲目は『パレオはエメラルド』。2014年の“SKE党決起集会。「箱で推せ!」”以来の帰還となるナゴヤドームを熱く盛り上げました。

ミニライブ後には、松井珠理奈が花束贈呈式に参加。選手を激励しました。

SKE48イチのドラ女・日高優月が始球式に初登板! 今回始球式を務めたのは…SKE48イチのドラ女・日高優月。審判から硬球を受け取り、いよいよプレイボール!

緊張した面持ちの日高。大きく振りかぶって投じた一球は、ワンバウンドしてキャッチャーミットに!大きく左にそれてしまい“ノーバン投球”はなりませんでしたが、笑顔でマウンドを去りました。

開始前、念入りにウォーミングアップして肩を作っていた日高。ゆったりとした左投げからストライクゾーンにズバズバと投げ込み、球団関係者からもお墨付きが!だが、本番では慣れないマウンドの傾斜に足を取られたのか、踏ん張りが効かず制球を乱す結果に。

野球指導経験のある父に指摘されていた課題である「腰の開きの早さ」も克服できず、日高は悔しさをにじませながら「次回があるなら、まっすぐ届くように」とリベンジを誓っていました。

始球式終了後、重圧から開放されて涙が止まらなくなった日高。自身もドラゴンズファンである須田亜香里は、日高を抱きかかえて労いの言葉を送っていました。それでも大粒の涙を流し続ける日高に、心優しき谷真理佳先輩から大量のティッシュの差し入れが!

始球式終了後〜記者会見 始球式&花束贈呈に参加した、珠理奈と日高で記念撮影!終了後に行われた記者会見では、IDOL NATIONで初公開した新作の野球MM「中日・ナニータ選手のインコースの避け方」を披露。目の肥えた報道陣から見事ウケを取っていました。

日高優月プレゼンツ・野球MM100連発はこちら
※中日・ナニータ選手MM近日公開!