共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

「名古屋城宵まつり・SKE48プレミアムトークバトル feat.前田慶次from名古屋おもてなし武将隊」レポート

名古屋城宵まつりにSKE48が参戦[1] 2016年8月9日、名古屋城宵まつり・二之丸ステージで開催された「SKE48プレミアムトークバトル feat.前田慶次from名古屋おもてなし武将隊」。SKE48から矢方美紀・石田安奈・小畑優奈・市野成美の4名が参加し、名古屋城ならではのトリビアや歴史ネタ、名古屋自慢など…「なるほど!納得!名古屋城!」をテーマに、名古屋城に関するトークを行いました!

矢方は「剣豪・宮本武蔵が名古屋城に赴いて御前試合に挑み圧勝。しかし強すぎてか?仕官は叶わなかった」と、なかなかマニアックな逸話を披露。

石田が話したのは「名古屋城の金シャチに使われた金の量は2体で88.8kgで、金閣寺の4倍」というトリビア。すると、名古屋おもてなし武将隊・前田慶次殿から「初代金シャチに使われた金は320kg相当」「過去に金シャチは幾度と無く盗難の危機に遭っている」などと詳細な補足が!

小畑は、開演前の移動中に見た、名古屋城正門左手すぐにある、巨大な枝ぶりの「カヤの木」に注目。樹齢700年以上の「カヤの木」は、東海地方の中心部・名古屋市内において唯一の天然記念物とのことです。

市野は「名古屋といえば喫茶店の多さですよね」と前フリして、高度経済成長期に名古屋の企業が忙しくなり、喫茶店で打合せを兼ね食事を取る習慣が流行して、いつしかモーニングなどの喫茶文化が定着したというエピソードを語りました。

名古屋城宵まつりにSKE48が参戦[2] 「これも名古屋名物に加えたい」と、登壇者・客席も巻き込んで必殺の“おはなるちゃん”ポーズを決めた市野
終始前田慶次殿にいじられまくっていた市野でしたが、最後は仲直りの握手!?
ラストはみんなで勝鬨(かちどき)を上げます!エイエイオー!×3
本日の司会:前田慶次殿と記念撮影
開演前の様子