共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」レポート

円陣 円陣は楽屋の廊下で。テレビ朝日さんのムービーもその模様を収録。


overture テレビ朝日さんのコメント撮りも終了。
overtureが高らかと鳴り響きます。

M1.重力シンパシー 「SKEフェスティバル」公演1曲目からスタート!
冒頭で楽々が客席を煽るが、大歓声にかき消され聞こえないという事態が発生。


M2.SKEフェスティバル 髙寺沙菜が久しぶりにチームEのステージに上る



M3.意外にマンゴー センターは須田亜香里。後藤楽々と熊崎晴香が両サイドを固める。

曲の歌詞「スプラッシュ」「ブリーズ」の前で、メンバーが「せーの」と掛け声をかけ会場がそれに応えるというコール&レスポンスは発売一週間にしてすでにお約束のやりとりに。

MC メンバーの自己紹介は一言のみでキャッチフレーズはなし。
熊崎晴香 「今日をとってもとっても楽しみにしてきました」
須田亜香里 「私とテレビ朝日さんとの関係というと3年前『関ジャニの仕分け』の軟体女王決定戦を思い出します。」
後藤楽々 「2日前に17歳になりました」
鎌田菜月 「将棋大好き!今年もテレビ朝日さんの棋神戦でもゲストとして出演させていただきます。」
菅原茉椰 「宮城県からやってきました」
木本花音 「先週の『ミュージックステーション』でTTポーズをした女です。」
斉藤真木子 「SKE48キャプテン、大阪府出身、サイリウムカラーは黄色、コカコーラが大好きな斉藤真木子です」
谷真理佳 「コカ・コーラを飲みすぎてゲップが止まりません」
末永桜花 「チームEで一番長いこの髪の毛を色んな人にぶつけていきたいと思います。」
浅井裕華 「今日は先輩からのリクエストでサイドポニーにしました。皆さん見ていてください。」
井田玲音名 「最近30センチほど髪の毛を切ってイメージチェンジをしました。」
佐藤すみれ 「いつも可愛い可愛い子どもたちの面倒を見ています。す~姉こと佐藤すみれです。」
髙寺沙菜 「久しぶりにチームEのみんなと踊ることを会場にいるみなさんより楽しみにしていました。」
市野成美 「みんななるが好きに「なるーーー」」
福士奈央 「栃木県出身の田舎っぺがとうとう六本木に来ました。」
髙畑結希  「香川県出身のSKE48の社長です。」

「今日はこのチームE16人で、六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATIONをめちゃくちゃ楽しんでいきたいと思います。みなさんももちろん、楽しんでくれますよね!」とCPが煽り、須田が次の曲のタイトルコールを
「ここに来てくれたみんな、そして音漏れだけどちょっと気になっているあなたも一緒に叫んでください。『アイシテラブル!』」

M4.アイシテラブル! 成人を迎えた&今年成人を迎えるメンバーで『アイシテラブル!』を披露。センターは須田亜香里。
鎌田菜月、木本花音、熊崎晴香、斉藤真木子、佐藤すみれ 、須田亜香里、高畑結希 谷真理佳

M5青空片想い 続いて未成年チームで『青空片想い』が披露された。
浅井裕華、井田玲音名、市野成美、後藤楽々、末永桜花、菅原茉椰、髙寺沙菜、福士奈央

M6.ハートのベクトル 再び公演曲へ。

MC 「SKE48チームEとはどういうチーム?」がMCのテーマ。
CPに尋ねられた須田は「目立ちたがり屋」と即答。「昨日SUMMER STATIONさんの公式Twitterに、この(と手首を指す)ドラえもんのリストバンドをされていた三森すずこさんがリツイートされていたんですよ。それを見てチームEのメンバーは“私達も付けてリツイートしてもらおう”て全員つけているんですよ。ということで、SUMMER STATIONさんの公式Twitterの中の方、よろしくお願いします。」

この後、「踊っているときの顔の癖がひどい」(谷)「すぐ脱ぎたがる傾向がある」(福士奈央)と詳細の掲載を控えたくなる内容が続き、「この話で終わりたくない」と指名されたのが井田玲音名。
「チームEはよく言えば元気、悪く言えばうるさい。それが今日みたいな野外ステージには合うと思うんですよ。なので来年もあるならばチームEで戻ってきたいです!」と綺麗にまとめた。
斉藤真木子「私たちの活動拠点は名古屋・栄です。六本木からは遠く離れていると思いますが、皆さんと心を通わせていきたいと思います。今日会った皆様とこれから先いつかまた出会えるように 最後の曲を心を込めて歌いたいと思います。聞いてください。『キンモクセイ』」。
斉藤真木子が曲を紹介する。

M7.キンモクセイ 『SKEフェスティバル』公演最後の曲で本編は終了。

EC1.パレオはエメラルド アンコールの掛け声は「チームE」。その声に煽られメンバーはすぐに登場。『パレオはエメラルド』がスタートする。
珍しい魚・市野成美はブリッジを披露



 

MC リーダー。須田亜香里がマイクを取って最後の挨拶。
「早いもので次の曲が最後の曲になります。私達にとってもあっという間でしたが、みなさんもあっという間の楽しい時間だと思えていただければうれしいです。
こうやってチームEでステージに立たせてもらえるということになって、どのくらいの方が来てくださるんだろうと不安もあったんですが、今日ここに1000人の方が集まってくれたと聞きました。ありがとうございます。仕事終わりに来てくださった方、学校終わりに来てくださった方、これなかったけど応募したよという方もたくさんいるかと思います。
私達アイドルは自分たちでアイドルですと言うだけではアイドルにはなれなくて、こうやって応援してくださるみなさんがいて初めてアイドルとファンの方という関係ができます。こうやってたくさんの方が会いたいと思ってきてくださったことが私達の自信につながっています。これから先、みなさんとまた未来に交わることができればいいなという思いを込めて最後の曲を歌わせていただいます。」

EC2.未来が目に染みる 公演最後の曲で今日のステージは終了


終了後のバックステージ メンバーがステージを降りると、今日のステージがこの秋、CSテレビ朝日チャンネル1で、バックステージの模様を含めた完全版で放送されることが告知された。
その情報に大喜びするメンバー。

野外ステージならではの暑さと客席の熱さにメンバーは汗びっしょり。





  

楽屋でメンバーを待っていたのはキンキンに冷えたコカ・コーラ。略してキン冷えコーク!