共有ボタン

閉じる

SKE48 Mobile

「中京テレビまつり2019」ドラフト3期&9期生ステージレポート

日時:6月1日(土) 16:40?
場所:ささしまライブ・ささしまパークステージ

SKE48、6月最初のステージはドラフト3期生と9期生のみのイベントです。
ドラフト3期生は加入1年5ヶ月、9期生はちょうど5ヶ月とフレッシュすぎるメンバー構成ですが、連日の劇場公演で鍛えている実力を示すチャンスです。

ファンの皆さんや我々スタッフにとっては「まだ新人」ですが、初めの方はSKE48として見ることになります。
「珠理奈がいない」「須田ちゃんは?」どころか「あの子たち誰?」「知ってる顔がいない」というアウェイ状態にもなりかねない状況を跳ね返すことができるのかなどなど、始まる前は不安もありましたが、始まってみれば紛れもないSKE48がステージに立っていました。

テレ朝サマフェスのチームSには及ばないものの、冒頭は5曲ノンストップで披露。
MCではドラフト1期の大谷悠妃が中学1年生とは思えない堂々とした仕切りっぷりをみせてくれました。
センターも曲ごとで持ち回り。『Gonna Jump』の大谷悠妃は「重ねた足跡」公演で慣れているといえますが、
『パレオはエメラルド』はお披露目と同じく池田楓がセンター、白井友紀乃の休演で急遽出演となった竹内ななみは、見事に『恋を語る詩人になれなくて』のセンターを勤め上げました。
その他のメンバーも『詩人』のジャンプは誰よりも高く、とびきりの笑顔、大きなダンスと、フレッシュさ満開のパフォーマンスを披露してくれました。

全8曲をパフォーマンスし終わった16人は、ステージを降りると疲労困憊な様子。
野外の暑さに加えて、ファンの皆さんの厚い応援、自らの熱いパフォーマンスと“アツさ”の三重奏を浴びた経験は、これからの活動に活かされることでしょう。

明日は同じ場所で、SKE48キャプテンと選抜メンバーがパフォーマンスします。

【出演メンバー】
teamS
青海ひな乃
赤堀君江
荒野姫楓
大谷悠妃
竹内ななみ
中坂美祐
平野百菜

teamKII
岡本彩夏
中野愛理
鈴木愛菜

teamE
池田楓
田辺美月

M1.Gonna Jump
M2.パレオはエメラルド
M3.恋を語る詩人になれなくて
M4.チキンLINE
M5.オキドキ
M6.賛成カワイイ!
M7.アイシテラブル!
M8.Stand by you
レポートはこちら